ハンドメイド日記


by maasmail50

手作りはエコ

私の購読雑誌のひとつに「ecomom(エコマム」という雑誌があります。これは日経BP社が発行している雑誌ですが、書店での販売はなく、会員登録制の配本です。
年に数回の発行なのですが、なんと購読料は無料です。
どういう雑誌かというと、「家庭生活から地球環境を考える」といった感じです。親子で、家族で楽しく、環境や資源のことを考えながら生活できるアドバイスをしてくれています。
協賛スポンサーからの広告料で成り立っているのでしょう、様々な企業のエコ、環境に対する取り組みや商品が紹介されています。
この雑誌を見ていると、想像以上に多くの企業が環境への取り組みを行っていることにびっくりします。
また、この雑誌の中では料理やおやつ、リフォーム小物の作り方なども紹介されています。どれも美味しそう、楽しそうで更にあまり難しくないのがとてもいいなと思います。
結局、一番身近で一番大切なエコは食材を使い切る、少し手間をかけて手作りすることなんです。
現代は物も情報もすぐに手に入る時代です。でもそのおかげで(?)私たちの時間に対する感覚、モノに対する感覚がちょっと早くなりすぎているような気がします。
そんな中、この雑誌はちょっと時計の針のスピードを緩めてくれます。

その中で、今回着古したカットソーで作るななめがけバッグの作り方が紹介されていたのでちょっとお教えします。

①着古した同じサイズのカットソー(長そで)を2枚用意します。袖部分が肩ひもになります。
②それぞれ片方の袖を残して肩上部分、反対側の袖と脇部分をカットします。
③それを横に倒して1枚目の裾部分と2枚目の肩部分を縫い合わせます。
④2枚のカットソーの袖が左右端になるように折り、裾を縫い合わせます。
⑤肩ひも部分、バッグ口部分に補強のためステッチをかける。
⑥ショルダーの長さを決め、肩ひも(袖)を縫い合わせる。
⑦底にマチを作る(好みによって)。
⑧バッグ口にスナップボタンをつける。

【エコマムHP】http://www.nikkeibp.co.jp/ecomom/
[PR]
# by maasmail50 | 2009-02-20 10:01

春への準備

数日前に「春一番」が吹き、「ようやく温かくなるんだ」と喜んでいましたが・・・まだまだ寒い毎日が続きます。
でも、気分だけでも春に向けて明るく変えたいもの。そこでちょっと模様替えでもどうでしょう。
「模様替え」というと、家具を動かしたりカーテンを替えたり・・・と思いがちですが、まだ寒いし大変。
今回は簡単にできる春の準備というか、小物から始めましょう。

まず、一番簡単なのがクッションカバーの交換。
春らしい模様や色のカバーに変えるだけで部屋も気分も明るくなります。気に入るカバーが見つからないなら、好きな布地を買ってきて作ってしまいましょう。
なあに、簡単です。
クッションの2回りくらい大きめに布地をカットして袋状にミシンがけ。クッションを入れて口は内側に折りこめばいいから。

その次は・・・額縁(100円ショップにもたくさんあります)にグリーンや花の奇麗な写真(雑誌の切り抜きでもいい)を入れて飾りましょう。
大きなものを壁に飾ってもいいし、小さなものをいくつか作って飾っても。

部屋がちょっとくらいなと感じるときは鏡!本棚やキャビネットなどの上に置いて、その近くに小さな観葉植物を置く。香水瓶などキラキラしたものでもいいでしょう。部屋がちょっと広く、明るく感じます。

こんなにちょっとした模様替えだけでも、結構部屋の雰囲気は変わるものです。
そしたら他にも色々やりたくなるかも。
ぜひお試しあれ。
[PR]
# by maasmail50 | 2009-02-20 10:00